ダウントンアビー

ダウントンアビー|コーラ役女優の現在の姿は?他出演作やプライベート調査

ダウントンアビー』のコーラ役女優現在姿や他出演作やプライベートが気になり…今回は『ダウントンアビー』のコーラ役の女優の現在の姿やプライベートな部分まで迫りました。昔のお写真の美しいこと…!

 

アメリカの大富豪の娘として、第6代目グランサム伯爵との政略結婚の為に、巨額の支度金と共に渡英するも、夫のロバートとは愛情に満ちた良好な夫婦関係を築き3人の娘を設け、伯爵夫人として機知に富んだ振る舞いでダウントンの舵取りを担うコーラ役を演じたのは、エリザベス・マクガヴァンという女優さんです。

今回はそのエリザベス・マクガヴァンについて深掘りしていきます♪

 

さらに、最後には「ダウントンアビー」シリーズ無料で観れるお得な裏技もお伝えしちゃいます♪

 

  • 前に観たけど、もう一回レンタルして観るのはちょっと・・・
  • まだ観たことないけど無料なら見たい!
  • ちょっとの隙間時間にスマホで観たいな

 

という方にとってはとってもお得な裏技です♪

今すぐ『ダウントンアビー』シリーズ全話を無料で観る?

↓↓↓

U-NEXTでは30日間無料トライアルが可能です。

※紹介している作品は2019年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあるので、最新の配信情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

ダウントンアビー全シーズン無料で観れるか検証しました。

【必見】⇒『ダウントンアビー』を無料で観れる動画配信サイトを”シーズン別”に比較してみた記事はコチラから

スポンサードリンク

ダウントンアビーのコーラ役女優のプロフィール

コーラ役女優のプロフィール
  • 名前:エリザベス・マクガヴァン
  • 本名英語表記の名前: Elizabeth Lee McGovern
  • 生年月日: 1961年7月18日
  • 年齢:57歳(2019年1月時点)
  • 出身: アメリカ合衆国、エヴァンストンのイリノイス
  • デビュー作:1980年の映画「Ordinary People」

エリザベス・マクガヴァンは高校教師の母と大学教授の父の間に生まれ、父の仕事に伴い、幼い頃にカリフォルニアに引っ越します。

その後サンフランシスコのアメリカン・コンサヴァトリー・シアターとニューヨークのジュリアード音楽院で演技と音楽を学び、1980年に映画「Ordinary People」の出演オファーを受けるためジュリアードを退学、デビューを果たします。

オフ・ブロードウェイからキャリアをスタートさせ、翌年の1981年には「Ragtime」のヒロイン役に抜擢され、アカデミー助演女優賞にノミネートされています。

シンガーソングライターとも活動しており、2007年に自身のバンド、「Sadi and the Hotheads」を結成し、ヴォーカルとギターを担当。

こちらがその動画です。

ベアベア
ベアベア
奥様の印象が、ガラッと変わりましたね!

ロンドンにあるThe Castle pub Venueでパフォーマンスを始め、アルバムをリリースしています。

ダウントン・アビーでクローリー家の長女メアリー役で共演したミシェル・ドケリーもヴォーカルとして、時々バンドと共演しているそうです。

saisai
saisai
是非日本でもライブしてほしいですね♪

ダウントンアビーのコーラ役女優の現在の姿は?

ダウントン・アビーを手がけたジュリエン・フェロウズ はディレクターのミシェル・エングラーと組み、2019年に公開予定の2本の映画、劇場版ダウントン・アビーと「The Chaperone」を制作していますが、エリザベス・マクガヴァンは両作共に出演しています。

バンドとしての音楽活動も、イギリス国内だけでなくアメリカでのツアーを行い、2014年には3rdアルバム、STILL WAITINGをリリースしています。

ダウントンアビーのコーラ役女優の他出演作は?

デビュー間もない1984年の「Once upon a time in America」でロバート・デ・ニーロの相手役を務め、同年に「月を追いかけて(Racing with the Moon)」「恋愛後遺症(Lovesick)」でもメインキャラクターとして出演しています。

1994年にはコメディ映画「ブラッド・ピットのヒミツのお願い(The Favor)」でブラッド・ピットと共演。

この画像は「ブラッド・ピットのヒミツのお願い(The Favor)」の頃のものです。

ベアベア
ベアベア
奥様もブラピも若い!

テレビ出演ではイギリスでの作品が多く、1999〜2000年にBBCのテレビシリーズ「The Scarlet Pimpernel」に出演。

2008年には彼女の夫のサイモン・キューティスがディレクターとプロデューサーを務めたBBCのコメディシリーズ、「Freezing」で、ダウントン・アビーでも夫婦役を演じたヒュー・ボンヴィルの妻役を演じています。

スポンサードリンク

ダウントンアビーのコーラ役女優のプライベートは?

23歳の時に「月を追いかけて(Racing with the Moon)」で共演した俳優のセアン・ペンと婚約するもその後破局。

1992年にイギリス人映画ディレクター兼プロデューサーのサイモン・キューティスと結婚、2人の娘、マチルダとグレースを設けています。

上の画像は旦那様とのものです。

 

それでは最後に『ダウントンアビー』を無料視聴する方法をお伝えします!

 

この記事を書いている2019年2月時点では、無料で見れますが、いつ終了になるかわかりません。

 

ベアベア
ベアベア
『ダウントンアビー』シリーズや他作品を完全無料でご覧になりたい方は、お急ぎくださいね♪

とてもお得で簡単な方法です。

saisai
saisai
是非興味を持たれたらご覧いただき、感想などを送っていただければ嬉しいです♪

ダウントンアビーを無料で楽しむ裏技はココから使える!

ダウントンアビーシリーズを、お金を一切かけずに見る裏技をお伝えしますね。

 

それはU-NEXTという動画配信サービスに登録して、31日以内に解約することで、好きな作品が無料で視聴することができます。

 

ワタシもやりましたが、本当にお金、1円もかかりませんでした(笑)

続いてはU-NEXTに登録するメリットやデメリットをご紹介します。

U-NEXTに登録するメリットとデメリット

U-NEXTに登録する際のメリットをご紹介します。

U-NEXTのメリット

現在キャンペーンで無料トライアル期間31日長い
無料期間終了後は月額1,990円

初回の登録時に600ポイントがプレゼント!

配信本数は120,000以上!うち、見放題作品80,000本と量が凄い!

『ダウントンアビー』シリーズが追加料金なしで無料視聴可能!
※2019年2月時点

毎月1,200ポイント貰える!(実質月額790円)

★ポイントは有料作品の視聴に使える

★ポイントを使って映画館の映画が安く見れる

ポイントを使って漫画も読めるのでアニメ・ドラマを観て、さらに原作も楽しめる!

雑誌は追加料金なしで70誌以上が読み放題

wifi環境で動画をダウンロードすればお持ちのスマートフォンでも速度制限にビビることなくいつでも視聴可能

大人向け♡な作品も配信中!

他動画配信サービスでも見放題はありますが、U-NEXTがずば抜けて見放題作品が多いのが、本当に魅力的です。

続いてはデメリットです。

U-NEXTのデメリット
  • 無料視聴作品が、いつのまにかポイント制に変更している
    毎月もらえるポイントで視聴可能になる
  • 月額1,990円と他の動画配信サービスより高額
    毎月1,200ポイント貰えるので実質790円逆に他の動画配信サービスより安い
    ⇒登録してから31日間は無料なので、その間に解約すればお金は一切かからない
ベアベア
ベアベア
デメリットもカバーできるのがU-NEXTの素敵なところですよね♪

映画や海外ドラマ・国内ドラマの見放題作品の充実さもありますし、他の動画配信サービスにはない成人作品の配信、漫画や雑誌の配信もしてる点から見ても、U-NEXTはコスパ面から見てもかなりお得かと思います。

「登録ってめんどくさいんじゃないの?」

「やり方がわからない・・・」

「違法サイトからも見れるからいいや~」

「U-NEXTってテレビでもあんまり聞かないしよくわからない・・・」

 

と、いう方のために、

 

  • U-NEXTの登録・解約方法をまとめた簡単マニュアル!読めば3分後にはダウントンアビーが無料でみれちゃう!
  • 違法サイトって実は思っているより怖いんだよ!実害情報
  • 知らなきゃ損!U-NEXTの動画以外の超魅力的な部分

 

を、まとめました!

★⇒ダウントンアビーを無料で観れるお得な簡単マニュアルはコチラ

それでは、U-NEXTに登録して、いろんな作品を楽しんでください♪

今すぐ『ダウントンアビー』シリーズ全話の字幕or吹替えを無料で観る?

↓↓↓

U-NEXTでは30日間無料トライアルが可能です。

※紹介している作品は2019年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあるので、最新の配信情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

>>U-NEXT公式サイトはコチラをクリック<<

※無料期間中にU-NEXTを解約すればお金は一切かかりません!

まとめ

ダウントン・アビーでのコーラ役を含め、育ちのいいノーブルで正統派ヒロイン的なイメージが大きい彼女が、アコースティックギターを抱えジャズやフォークを歌う姿は、42歳で初めて本格的に音楽活動を始めるまで「常に自分は女優よりミュージシャンである、という思いを持ち続けていた」という彼女の言葉どおり、意外性の大きい一面であると同時にとても自然体で生き生きとしているように見えました。

50代後半にしてなお、美しさと大人の女性の彩りを増していくエリザべス・マクガヴァンの今後の活動に注目したいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

こんな記事もおすすめ